RSS | ATOM | SEARCH
東根市から股関節痛の患者さん

40代の女性の会社員の患者さん。
来院された時は右足を引き摺りながら歩いていました。

雪片付けをしているときに右の股関節を痛めてしまって、臀部から足までがしびれているとの事。

股関節に負荷がかかり過ぎてしまったのですね。股関節周りの筋膜が所々かたくなっていました。

ゆっくり臀部を中心にゆるめていくと、原因のこりを発見!徐々に痛みが軽くなっていく様子を感じ取ってもらえました。

施術が終わり立ち上がってもらうと、「スッ」と立ち上がれるではありませんか。

まだ少しは痛みが残っているものの、お帰りの時は普通に歩けるところまで改善されました。

雪掃き、あまり無理しないでくださいね。とお話したのですが、そのあと私が雪片付けを頑張りすぎてふくらはぎを痛めてしまいました。(笑)

みなさんも気をつけて下さいね。

author:おおいまこと, category:坐骨神経痛, 09:17
-, trackbacks(0), - -
左腰と下肢の痛み

50代男性自営業の患者さん。
去年の10月から2週間に1回のペースで来院されています。

来院のきっかけは、社員の女性の方がホームページを探して紹介してくれたそうです。

以前にはムチウチや腰椎椎間板ヘルニアもされたのですが、具体的な症状は数年前から右腰から下肢にかけて痛みがあり、長い距離を歩けないほど。

大好きなゴルフや釣りもままならないので何とかしたいとの事です。

施術をはじめると、あまりの筋膜の固さに普段の不摂生を感じ取れたのですが(笑)、まぁ、それはそれとしてしっかりと筋膜をゆるめて行きました。

なかなか直ぐには回復できるような状態では無かったのですが、次第に腰痛と足の痛みも楽になって来たようです。

先日ゴルフに行かれたそうですが、「以前は1キロ歩いただけで脚が痛くなったのに、今回は12ホール歩くことが出来たよ!」とニコニコ顔でお話されました。

こちらの男性は自営の方なのですが、多忙の中仕事に空きが出来たときに連絡を下さって来院されます。

こちらの患者さんのように、当日予約の患者さんも空きがあれば出来るだけ対応してるので、ご希望の患者さんは気軽にご連絡くださいね。

author:おおいまこと, category:坐骨神経痛, 16:24
-, trackbacks(0), - -
坐骨神経痛

40代女性の会社員の患者さん。

右の臀部から足首まで痛みがあり、立っていると特につらいとの事。
最近は坐骨神経痛の改善率も上がって、比較的短い期間でメンテナンス期まで移行されます。

こちらの患者さんもまさに典型的な症状、一度の施術でかなり楽になられたようです。
また痛みが出るかもしれないので、何回かは来られたほうが良いかもしれません。

わたしから言わせれば、この手の坐骨神経痛は股関節のゆがみが影響しているケースが多いように思われます。股関節のゆがみは、放っておくと変形性股関節症などの疾患にもつながるので注意が必要です。

骨盤と肩甲骨は連動して動いているのですが、その動きに股関節は重要な役割を果たしています。

坐骨神経痛は股関節周りだけではなく、肩甲骨周りもしっかり緩めてあげる必要があります。さらにそれをつなぐ脊柱と肋骨のゆがみも整えてあげなくてはなりません。

ま、きちんと全身みてあげるって事ですよね。
当院ではそうでもないのですが、意外とむずかしい関節でもあるようです。

author:おおいまこと, category:坐骨神経痛, 13:48
-, trackbacks(0), - -
ゴルフをされている患者さんは・・・

なぜか坐骨神経痛のかたが多い。
と言うよりも、坐骨神経痛でお越しになる患者さんにゴルフをされるかたが多いのかもしれません。

今日はそんな50代男性の患者さんがお越しになりました。

脊柱菅も狭くなっているとお医者さんから言われているし、つねに痺れがあるので「整体での改善は難しいかもしれないな」と思いながら施術を進めていきました。

ちょうど痺れがあると言われていた太ももの外側に凝りの塊があり、少ししか触っていないのにかなりの痛みが走ったので「これかな?」といった手応えを感じました。

背中や肋骨もかなり固まっていたのですが、この状態でゴルフをされるとかなり腰に負担がかかるはず。上半身のひねり動作がしっかり出来るように、肩甲骨まわりと肋骨も緩めていきました。

整体が終わると痺れもある程度軽くなったご様子。
何回か通ってもらったほうがいいので、次は1週間後に来ていただくようにお話しました。

author:おおいまこと, category:坐骨神経痛, 20:43
-, trackbacks(0), - -
左脚のシビレ
左脚のシビレがある男性の患者さん。
めずらしく、梨状筋のコリが原因と思われる方です。


と言うのは、梨状筋のコリが原因と思われるシビレの改善は比較的簡単なので、うちのような新参者の整体院にはなかなか来てくれません。


来院される患者さんは原因不明で痛みが出ていて、炎症も起こしているような方が多い。
あちらこちら行ってうちの整体院に辿り着くといった流れ。


山形市に来てからもうすぐ1年になりますが、やっと少しずつ認知されて来たようです。


わたし一人で運営しているので、施術出来る人数も限られます。
一日6名限定としているのですが、正直言うと連日6人は自信がありません。


4人くらいが丁度良いかな・・・


あれ、話が脱線。


こちらの患者さん、再来院の方で痛みも60パーセントまで引いたそうです。
順調ですね。


author:おおいまこと, category:坐骨神経痛, 21:26
-, trackbacks(0), - -
坐骨神経痛
 うちの整体院では、男性の患者さんに多い症状。


「椎間板がつぶれているので、もっと酷くなるのであれば手術した方が良い」と医者に言われて・・・ こんな患者さんがちょこちょこ来院されます。


バランスが崩れているポイントを緩めると、「あっ」と言う間に軽くなる事も多く、思わず拍子抜けします。


椎間板が原因ではなさそうな・・・
まぁ、その判断は医者に任せるとして。


でも楽になったからと言って無理は禁物、椎間板がつぶれているのは事実なので時間をかけてケアして欲しいと思います。
author:おおいまこと, category:坐骨神経痛, 22:33
-, trackbacks(0), - -