RSS | ATOM | SEARCH
腰椎椎間板ヘルニア
2ヶ月近く前から脚の痺れで通院されている農家の男性の患者さん。
腰椎椎間板ヘルニアと診断されています。

「まだ脚の痺れが取れないなぁ」と言う割りには、だいぶラクにはなってきたと言うことでした。

今までは、仰向けの状態で脚を伸ばすとかなり辛く、膝を曲げたままで施術を進めていたのですが、今日は脚を伸ばせるところまで回復しました。

これから収穫期に入るのでまた無理をしなければならず心配だと言われていました。
作業の前に、股関節ストレッチをしっかりしていただくと腰への負担がかなり減ります。

施術ではかなりの手応えを感じているので改善まではもう少しのはずです。
頑張ってセルフケアをして下さいね。
author:おおいまこと, category:腰椎椎間板ヘルニア, 10:19
-, trackbacks(0), - -
腰椎椎間板ヘルニア
ヘルニアと診断された患者さんでも、ほとんどの患者さんは1度の施術である程度楽になるのですが、今回の方は脚のシビレが残ったままでした。


お医者さんで診断されたように、ヘルニアが原因でシビレが出ていると思われます。


医療と違って整体では、腰椎椎間板ヘルニアを直接治療するものではなく、腰椎に掛かっているストレスを取り除くことで自然治癒力を回復させる方法をとります。


ほんとうにシビレが取れるのか?痺れがとれるならばどれくらい日数が掛かるのか?実は整体師のわたくしでも予想できないことがあります。「あとはお上が判断する」なんて言っていた先生がいたなぁ・・・


施術を進めていくうちに全身の数ヶ所に明らかな筋肉の凝りがあり、それが原因で股関節と肩甲骨の可動域が狭くなり腰椎に負担が掛かっていることを突き止めました。


その場では多少楽にはなったもののシビレは残ったままでしたので、様子を見ながらしばらく通院して頂くことになりました。


今日は3回目の施術でしたが、少しずつ楽になって来たと言うことです。
でも、まだご本人は納得されておらず痺れは残っていると言われていました。


もう一息ですね。頑張りましょう!


あっ、今日飲み会なんですね。
お酒はヘルニアには絶対良くないのでほどほどにして下さいね。(笑)
author:おおいまこと, category:腰椎椎間板ヘルニア, 16:22
-, trackbacks(0), - -