RSS | ATOM | SEARCH
複視
「複視」と言う症状をご存知でしょうか?

両目で見るとものが二重に見えてしまって片目で見ると普通に見えるのですが、症状によっては片目でも二重に見えてしまうことがあります。

今年の1月の半ばに40代男性の方が来院されたのですが、左目に眼帯をつけておられました。

わたしも「どうしたのだろう?」と思ったのですが、「複視という聞きなれない症状をずっと患っていて以前は入院もされてMRIでの検査もされたそうです。

目の奥の痛みと体のだるさを同時に訴えられて、病院では原因不明だと診断されていました。

つまり、医学的にはどこも悪くはないと言うことです。(汗)

設計をされているのでいつもパソコンを使っていて、眼帯をつけての片目での作業はかなり目に負担がかかります。

頭痛もされるのでよくよくお話を聴くと、2年に1回の頻度で1か月の間にわたり目の奥が痛くなる頭痛を起こしています。

症状だけ聴くと断言は出来ませんが「群発頭痛」の症状に似ています。
群発頭痛は目の奥がきりきりとても酷く痛むんですね。

病院では群発頭痛とは診断されてはいないようでしたが、なんらかの関係があるように思えました。

とにかく病院の診断は異常のなしと出ていたので、週に一回の頻度でお仕事がお休みの日に来院していただくようにしてもらいました。

はじめの頃は一進一退でしたが、4回目の来院の時に少し複視が良くなったと言われて、5回目の来院の時には何と!眼帯をはずして仕事が出来るくらいまでに回復されました。


今日は2週間おいて6回目の来院です。


とてもすっきりされた表情でお越しになり、経過も順調なようなので今日で卒業と言うことにさせていただきました。

次回は4月のはじめ頃にメンテナンスで来院予定です。
 
author:おおいまこと, category:複視, 16:26
-, trackbacks(0), - -