RSS | ATOM | SEARCH
改善できないタイプのO脚
昨日、O脚矯正ご希望の女性の患者さんが来院されました。

O脚矯正で来院される患者さんのほとんどは股関節のズレが目立ちます。
こちらの患者さんも股関節が少しずれていたので、しっかりと整えました。

施術が一通り終わり、O脚がどのくらい整ったのかを確認したのですが・・・
結果は少しは良くなったものの、大きく改善されてはいませんでした。

もう一度確認させていただくと、すねの骨が内側に向いているタイプのO脚。骨そのものが湾曲しているので整体では改善出来ないものでした。

内ももの筋力低下も確認できたので、簡単にできる筋トレをしてもらいました。すると、ひざとひざの間が1〜2センチほど縮まったのです。

この筋トレを継続していただければ100パーセントとはいかないまでも、かなり改善されるはずです。

今回の患者さんのように骨そのものが湾曲しているタイプのO脚は整体では改善できないのですが、O脚の方はO脚が原因でさらにO脚が酷くなってしまいます。

そのまま放っておくと変形性膝関節症などの疾患にまで進んでしまうこともあるので、定期的にケアしてほしいと考えています。

こちらの患者さんにこのことを説明させていただいたら、ご納得していてもらえたようなので正直「ほっ」としました。

肩こりや背中の痛みは解消されたようで、「また来ますね」と言っていただけました。

ありがとうございます。また、お待ちしてますね。

author:おおいまこと, category:O脚矯正, 11:31
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.oiseitai.com/trackback/1086636